県によるがん患者アピアランス支援・ついに実現しました  
<補整具購入費の助成スタート>
県は平成30年4月から、がんの治療に伴う外見の変化に対し、ウィッグや帽子、メークなどでケアする「アピアランスケア」への支援を開始。県健康増進課担当者は、「アピアランスケアは、患者さんと社会をつなぐ、重要なケア。患者さんが、自分らしく、いつもと変わらない生活を送れるよう、この助成制度が役立てば」と話しています。
がんの治療では、副作用による脱毛や皮膚の変色、手術による外見の変化などが生じることがあり、がん患者さんの苦痛の一つとなっています。
県では、「第3次がん対策推進計画」の策定に当たり、県内の患者会やがん診療連携拠点病院相談員などの声を聞き、「外見の変化により、外出や社会参加など社会との接点を閉ざしがちになる」という意見が多かったことから、今回の「福井県がん患者アピアランスサポート支援事業」を整備したとのこと。
県の事業では、平成30年4月以降に購入したウィッグや帽子、化粧品といった補整具の購入費が対象となり、一万円を上限に助成されます。
既製品だけでなく、手作りの材料費も対象となり、1万円までであれば、複数の補整具の購入費用に対し助成がされます。(ただし、購入から1年以内の申請が必要)

必要な書類等の詳細は、下記の県ホームページで確認できます。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kenkou/gantaisaku/apiaransu.html

★案内チラシのダウンロードはコチラ(PDF:528KB)
All Rights Reserved, Copyright(c) 2005-2021,FUKUI PINK RIBBON NO KAI ふくいピンクリボンの会
■ 標準文字サイズで、ご覧下さい。